スポンサードリンク

2007年01月29日

メタボリックシンドロームの危険性

メタボリックシンドロームの危険性についてご説明しておきましょう。

メタボリックシンドロームにかかっている人は、動脈硬化の危険因子である、「高血圧」や「糖尿病」「高脂血症」「肥満症」などの病気が重なって発症する場合があります。

これらからも分かるようにメタボリックシンドロームとは、非常に静かに忍び寄りそして、発症すると一気に重い病気へと発展していきます。

メタボリックシンドロームの人は、健康な人に比べ、これらの病気にかかる割合が非常に高くなってしまいます。

メタボリックシンドロームから糖尿病、心筋梗塞、脳卒中など深刻な病気へと発展していくだけに、流行の病気と軽く見ずに、しっかりとした予防と解消に努めましょう。

メタボリックシンドロームは日常生活を気をつけて送っていれば、予防が決して難しい病気ではありません。

しっかりとした自己管理の下、生活習慣を改善し、健康な体を手に入れて、内臓脂肪などの蓄積を防ぎ、メタボリックシンドロームを予防しましょう!


posted by 肥満注意主婦 at 21:03| メタボリックシンドロームとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックシンドロームは生活習慣病を見直す

メタボリックシンドロームや生活習慣病などは自覚症状がほとんどなく、いきなり病状が悪化し、危険な状態に陥ることがあります。

生活習慣病と言われている、心臓病、高血圧、糖尿病、脳卒中などは今では成人の半数以上がかかっているとも言われています。

生活習慣病の原因となるのは、やはり食生活、運動、生活習慣、飲酒、喫煙など多岐にわたります。

また遺伝という要素もあります。

生活習慣病は自覚症状が出てきた頃には既に、病状がかなり進んでいることも考えられることから、予防、早期発見、早期治療が重要です。

メタボリックシンドロームも、自覚症状がほとんどないことから、多くの方が病状が悪化してから気が付く場合が多いです。

メタボリックシンドロームや生活習慣病を招かないためにも、普段からのしっかりした生活、食事、運動などを行う必要があります。

メタボリックシンドロームだなと感じた方は、今の生活習慣をすぐに改めることが必要です。
posted by 肥満注意主婦 at 20:55| メタボリックシンドロームとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックシンドロームの予防(運動)

メタボリックシンドローム予防に効果的なのが適度な運動を行うことです。

メタボリックシンドローム予防としては、激しい運動を行う必要はありません。

簡単な軽いトレーニングやウォーキングなどで十分です。

特に蓄積された内臓脂肪を落とすには運動がよく、誰でもが気軽に出来るウォーキングを行うことが良いでしょう。

ダイエットをしなくてはと、急に激しい運動を行う方がたまにいらっしゃいますが、そのような行為は逆に危険で、長続きもしません。

ですから、始めはごく簡単なウォーキングなどから始めるのがよいのではないでしょうか。

メタボリックシンドローム予防だけではなく、健康にも良いので軽い適度な運動は健康な体作りを行う上でも非常に重要です。

無理なく、少しずつ、蓄積された内臓脂肪を落としていってメタボリックシンドローム予防と改善に努めましょう。

posted by 肥満注意主婦 at 20:36| メタボリックシンドロームの予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックシンドロームの予防(生活習慣)

メタボリックシンドローム予防には生活習慣を改めるという事もあります。

特に不規則な生活になりがちな現代人においては、生活習慣の改善、規則正しい生活習慣を身に着けるということは非常にむずかしくなってきています。

しかし、メタボリックシンドローム予防にはこの規則正しい生活習慣にするというのは非常に重要なことです。

バランスの良い食事をして、適度な運動をし、そして生活習慣を改める。

ごく当たり前のように感じるこの要素をしっかりと守ればメタボリックシンドローム予防になります。

内臓脂肪が付いてしまった場合には、なかなか落ちにくいので、食事の管理と適度な運動を欠かさないようにしましょう。

生活習慣を見直してメタボリックシンドローム予防に努めましょう!

メタボリックシンドロームは何も難しいことをしなくても、健康に良いと言われることを忠実に行っていれば、メタボリックシンドローム予防にもつながるのです。


posted by 肥満注意主婦 at 20:29| メタボリックシンドロームの予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックシンドロームの予防(食事)

メタボリックシンドローム予防にはまず、食生活の見直しがあげられます。

メタボリックシンドローム予防にはバランスの良い食事を取ることが大事となってきます。

食事で気をつけたい点は、

主食のご飯をしっかり食べる。
腹八分目に抑える。
バランスの取れた食事をする。

など、基本的に健康に良い食事を心がけていれば、メタボリックシンドローム予防にはなるはずです。

注意したいのは、暴飲暴食や偏った食事です。

食生活を改善することによってメタボリックシンドローム予防になりますから、普段から食事には気をつけておきたいところです。

メタボリックシンドロームにならない良い食事は日本に古来からある和食を中心とした食事をすることです。

posted by 肥満注意主婦 at 20:22| メタボリックシンドロームの予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックシンドロームの診断基準(高血圧)

メタボリックシンドロームの診断基準の高血圧の定義は、
最高血圧:130mmHg以上
最低血圧:85mmHg以上となっています。

メタボリクシンドローム診断基準のひとつになっているのが高血圧です。

人間は臓器に血液を循環させるために血管を収縮させたり拡張させたりして調節しています。

この調節がうまくいかない状態になると高血圧になり、血管がもろくなったりします。

メタボリックシンドロームの状態は高血圧になり、色々な危険な病気を誘発する原因となります。

普段から血圧を図るなどして、メタボリックシンドロームの状態に自分がないかを管理、把握しておくようにしましょう。

メタボリックシンドロームとは、色々な危険な病気を誘発しますので、早期発見、早期克服をする事が大事となってきます。

posted by 肥満注意主婦 at 19:00| メタボリックシンドロームの診断基準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドローム診断基準を説明いたします。

メタボリックシンドローム診断基準は男性の場合でウエストが85センチ以上、女性がウエスト90センチ以上の状態でなおかつ、次の3つの項目のうちの2つにあてはまるとメタボリックシンドロームという事になります。

1.中性脂肪:150mg/dl以上、
  低HDLコレステロール血症:40mg/dl未満

2.最高血圧:130mmHg以上
  最低血圧:85mmHg以上

3.早朝空腹時血糖:110mg/dl以上

これらに該当するとメタボリックシンドローム診断基準を満たすことになります。

メタボリックシンドロームは日頃の生活習慣から予防することが出来るので、日頃から規則正しい生活や運動をする事が重要となってきます。

メタボリックシンドローム診断基準がしっかりと定まったことで、メタボリックシンドロームの認知度も高まったと言えます。

メタボリックシンドローム診断基準に該当した人は、生活習慣を見直して、早期の克服を目指すことをお勧めします。

posted by 肥満注意主婦 at 18:51| メタボリックシンドロームの診断基準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックシンドロームにおける肥満とは

メタボリックシンドロームを引き起こす要因のひとつが「肥満」であることは説明いたしましたが、その肥満にも種類があります。

大きく分けて肥満には脂肪の付き方によって2種類に分けられます。

まずひとつが「皮下脂肪型肥満」と言われるものです。
これは別名、洋ナシ型肥満とも言われています。

主に下腹部、腰の周り、太もも、お尻など下半身に皮下脂肪がついてしまうタイプの肥満になります。
もちろん、外見上からも肥満であることは明らかに分かります。

そしてもうひとつが、「内臓脂肪型肥満」と言われるものです。
これは別名、リンゴ型肥満とも言われています。

こちらは主に上半身、内臓の周りなどに脂肪がつくタイプの肥満です。こちらの場合は外見からの判断が難しく、肥満である自覚がないのが特徴です。

そしてメタボリックシンドロームと呼ばれる症状になりやすいのはこのリンゴ型肥満と言われる「内臓脂肪型肥満」の方です。

ですから一概に、外見からは肥満のように見えない方でもメタボリックシンドロームである可能性もある事からとても危険です。

生活習慣病と言われる「高血圧」「肥満症」「糖尿病」「高脂血症」などもこの内臓脂肪型の肥満が原因であることが多いです。

メタボリックシンドロームである、この内臓脂肪型肥満には特に注意が必要です。

posted by 肥満注意主婦 at 18:41| メタボリックシンドロームとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックシンドロームの仕組み

メタボリックシンドロームはどのような仕組みになっているのかを説明していきましょう。

メタボリックシンドロームの原因の一番はやはり「肥満」です。

肥満になると脂肪組織などにおいて糖の取り込み能力が低下することが分かっています。

そうすると当然インスリンが正常に働かなくなります。

そして血糖値が高くなりインスリンの分泌が低下することになります。

インスリンが正常に働かなくなると、当然、糖尿病や高血圧などになる危険性が高まります。

その結果、動脈硬化などならなる症状の悪化につながる可能性があるというわけです。

メタボリックシンドロームは最近になってようやく言われ始めた病気ですが、まだまだ甘い認識をしている方が多く、メタボリックシンドロームは危険な病気であると言う認識が薄いのが現状です。

しかし、メタボリックシンドロームは様々な重い病気を引き起こすだけに、十分注意する必要があり、規則正しい生活、適度な運動、バランスの良い食事などを心がけ普段からの予防に努めましょう!
posted by 肥満注意主婦 at 18:24| メタボリックシンドロームとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは、代謝症候群や内臓脂肪症候群、メタボリック症候群などと呼ばれる、生活習慣病の絡み合った状態を言います。

生活習慣病には、肥満症や高血圧症、高脂血症、糖尿病など危険な病気がたくさんあり特に中高年の方に多い病気です。

これらの生活習慣病は、肥満が原因となって引き起こされる病気で色々な症状が重複することがあり、これらの生活習慣病が重複すると動脈硬化などを引き起こします。

そして心筋梗塞や脳梗塞など、とても重度の病気を引き起こす原因ともなります。

このような危険な病気を引き起こす状態であることをメタボリックシンドロームなどと呼んでいます。

現在の飽食の世の中では、このようなメタボリックシンドロームの症状である人が増えていると言われ、今は若い人々の間にもメタボリックシンドロームの状態に近い人が増えています。

メタボリックシンドロームを防ぐには日頃からの規則正しい生活や運動、食生活などが求められます。
posted by 肥満注意主婦 at 18:16| メタボリックシンドロームとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。