スポンサードリンク

2007年01月29日

メタボリックシンドロームの予防(運動)

メタボリックシンドローム予防に効果的なのが適度な運動を行うことです。

メタボリックシンドローム予防としては、激しい運動を行う必要はありません。

簡単な軽いトレーニングやウォーキングなどで十分です。

特に蓄積された内臓脂肪を落とすには運動がよく、誰でもが気軽に出来るウォーキングを行うことが良いでしょう。

ダイエットをしなくてはと、急に激しい運動を行う方がたまにいらっしゃいますが、そのような行為は逆に危険で、長続きもしません。

ですから、始めはごく簡単なウォーキングなどから始めるのがよいのではないでしょうか。

メタボリックシンドローム予防だけではなく、健康にも良いので軽い適度な運動は健康な体作りを行う上でも非常に重要です。

無理なく、少しずつ、蓄積された内臓脂肪を落としていってメタボリックシンドローム予防と改善に努めましょう。



posted by 肥満注意主婦 at 20:36| メタボリックシンドロームの予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックシンドロームの予防(生活習慣)

メタボリックシンドローム予防には生活習慣を改めるという事もあります。

特に不規則な生活になりがちな現代人においては、生活習慣の改善、規則正しい生活習慣を身に着けるということは非常にむずかしくなってきています。

しかし、メタボリックシンドローム予防にはこの規則正しい生活習慣にするというのは非常に重要なことです。

バランスの良い食事をして、適度な運動をし、そして生活習慣を改める。

ごく当たり前のように感じるこの要素をしっかりと守ればメタボリックシンドローム予防になります。

内臓脂肪が付いてしまった場合には、なかなか落ちにくいので、食事の管理と適度な運動を欠かさないようにしましょう。

生活習慣を見直してメタボリックシンドローム予防に努めましょう!

メタボリックシンドロームは何も難しいことをしなくても、健康に良いと言われることを忠実に行っていれば、メタボリックシンドローム予防にもつながるのです。


posted by 肥満注意主婦 at 20:29| メタボリックシンドロームの予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックシンドロームの予防(食事)

メタボリックシンドローム予防にはまず、食生活の見直しがあげられます。

メタボリックシンドローム予防にはバランスの良い食事を取ることが大事となってきます。

食事で気をつけたい点は、

主食のご飯をしっかり食べる。
腹八分目に抑える。
バランスの取れた食事をする。

など、基本的に健康に良い食事を心がけていれば、メタボリックシンドローム予防にはなるはずです。

注意したいのは、暴飲暴食や偏った食事です。

食生活を改善することによってメタボリックシンドローム予防になりますから、普段から食事には気をつけておきたいところです。

メタボリックシンドロームにならない良い食事は日本に古来からある和食を中心とした食事をすることです。

posted by 肥満注意主婦 at 20:22| メタボリックシンドロームの予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。